2006年11月29日

後輩の悩み

大学時代の別学科の後輩が相談してきた。
生物系なんだから同じ学科の先輩に相談すればいいのに何故かわからないが彼女は僕を慕っているらしい。

そのきっかけになったのは以前飲み会で…ってまぁいいや。割愛。(やましい事はありません。)

…で、模試の帰りに会ったわけですが
就職しようか。しかし就職するには自分の希望職種だと院に進学した方が良いらしい。
それとも、周りが勧めている高校教師の道か。研究も進めていきたい。

その他に臨床心理士という違う夢を持っているとか。

夢いっぱい。でも時間いっぱい。どうすればいいでしょうか?と相談してきた。

何故に僕に相談してきたか聞いた所、人生の歩き方を参考にしたいと…

正直、親に迷惑をかけ後ろから指差されてもおかしくない今の自分の立場からして
何を参考にしろと言うのかコヤツは。



まぁ、とりあえず当たり障りない内容で答えておいた。


プライオリティーを自分の中でしっかりと決めたら自ずとやる事は決まってくるんじゃないか?

と言ったら、どうやらプライオリティーがかなり同位置にあるものがあるらしい。



…う〜ん
僕はサイフからごそごそと一枚の紙を取り出した。


僕「これ、な〜んだ?」



「第2回 国公立医学部模試受験票」





後「…はぃ!?先輩何やってるんですか!?」
僕「そういう事だよ。」
後「どういう事ですか?」

僕「僕も多分、お前さんと同じ頃に同じ様に悩んでたんだわな
  …で就職決まったけど研究も続けたいし院にも行ってみたくて…悩んでたんだ。
  だけど全然捨てちゃった。親のおかげもあるけどさ。実行可能だってわかったら、
  プライオリティーが一番上に来ちゃったのよね。」
後「へぇー…何か先輩らしいですね…」
僕「僕が言えるのはな。君と同じ様な境遇で、こういうリスキーな選択をしたって事
  僕はそんなに器用じゃないからな。マルチタスクは出来ないんだよ。
  やりたい事はたくさんあるけど、今はコレ」
後「はぁ〜…なるほどなぁ。」
僕「ってわけで生物と化学苦手何で時間あったら教えろや、コノヤロー」



…と無理矢理な個人指導をどさくさに紛れて頼んだわけですが、きっとあんまし世話にはならないでしょうな。

その他色々話し込んだ後、別れ際彼女に

僕「こんなの結構特異な話だからな。役に立たなかったろう?」
と聞いたら
後「いえ。何か生き方とか選択肢の考え方がちょっと変わった気がします。」
と言われた。





彼女が僕の様なへたれ街道を進んでくれない事を、僕は切に願うだけだ。
そして、同時に後悔無い選択をしてくれる事も願う。





勉強逃避話でした。
posted by へたれ太郎 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月24日

代ゼミセンタープレ

受けてきました。

結果的には医学部にはまだまだ到底及ばないですし
根性論だけではどうしようもない所もありますが
結果原因の追究と分析をしていって、弱点の補強をしていけば
必ず成功への道はあると信じてます。というか諦めた時点で試合終了です。
(前向きに前向きに。)

あと、自信がついたのは国語と倫理でしょうか。
やるだけ点数が面白いぐらい上がっています。
ただ、本当にどうでもよい所であまりにも下らないケアレスミスもしていますのでそこら辺は注意しなければいけないですね。
自己採点しながら苦笑してました。

国語は現代文はとりあえず9割弱まで行きました。
古文・漢文もまだ足りませんが以前よりは格段に進歩してます。
あと30点程度で一先ずのボーダーに追いつけそうです。

数学…プログラム自体は簡単なものなのですが
あまりにも下らないミスをしてしまい…ご愁傷様。反省。

とりあえず2次対策はほどほどにして、まずはセンター対策をしっかりしていきたいと思います。

最近、「川本センター倫理講義の実況中継」を読んでいますが
他書と併用して、確認用として読むと結構役立ちます。
(頭にも入りやすいですし。)


センタープレは駿台・河合とあと2回。
あとはパックと赤本と問題集かな。買った参考書も時間を見つけてつぶして行こう。

偏差値20代だった自分にしてみれば、1点でも点数が上がる事は嬉しいです。
これをモチベーションの材料としていきますです。
しかし目標を忘れる事無く精進していきますです。



「私の医学部合格作戦 再受験篇」という本を息抜きに読んでみた。
たった3ヶ月や5ヶ月の勉強で、しかも働きながら合格を決めてしまう人達がいるのだなぁ。
と驚嘆。

こういう本を読んでいる時に常に思う事
「今度は自分が載る番だ」
モチベーションは常に高く。
posted by へたれ太郎 at 17:06| Comment(1) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

精神医学と臨床心理

このブログを見ている方で精神科医志望という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。
その中で、心理学が好きで精神科医になりたいという方がいらっしゃるかもしれません。

精神科医と心理学。似ている様に見えるし、心が病んだ人と向き合うという事は同じですが。
結構違います。

僕は、理系大学卒ですが。
心理学部、法学部、音楽部等の文系授業の単位もいくつか持っています。
在学中、知識に貪欲だった事が要因して途中で国内留学をしました。

そこで、心理学の先生に携わりながら結構色んな活動にも参加してきました。

その授業中で心理学の先生が言っていた事です。

「私は以前、精神医学も学ぼうと思って。大学の医学部の研究室と一緒に
 研究していましたが、そこで学んだ事は精神医学と臨床心理学というのは
 似て非なるものだという事でした。
 私には精神医学は合わない、と思いました。」


…だそうです。

また、精神科医がカウンセリングを行うのはあまりしないらしいです。
何故かと言うと
受験指導者であり精神科医の和田秀樹も言っていましたが
精神科医が長い時間カウンセリングを行うには、コストが合わない。
とだそうです。

僕は現在とある心療内科に行っていますが、そこでも
「精神科医の先生が概ねの話を聞く。そこで症状を診て、薬を処方する。
 更に話を聞く必要があるならば、臨床心理士に回しカウンセリングを行う」
という形態をとっています。


現実的に、形態としては
精神科医=診断をし、薬を処方する
臨床心理士=カウンセリングを行う。

というのがどこもそういう現状らしいですね。


だから、人の話を聞くカウンセリングを重点的に行いたい場合は
医学部ではなく心理学部に行き、指定の大学院に行き臨床心理士の資格を取る方がよいと思います。

人に何かを言える程の知識もないし、了見も狭いですが
その中で言える事を言わせて頂きました。


しかし、某皇族も行かれてる大学の心理学部に行っている友人から聞いた小話ですが

先生「君はどうして臨床心理士になりたいんだい?」
学生「悩んでいる人を僕の力で助けたいからです。」
先生「まずは、その傲慢な態度を改めなさい。」


というお話があったそうな。
でも、「そりゃそうだよな。」…とも思いますが。
これは最もスタンダードな考えである事は否定出来ないですよね。

その回答が何故駄目なのか?ではどういう回答、どういう考えの持ち方がいいのか?
それはこのブログを見ている皆さんのご判断にお任せします。



…何か、偉そうな話になっちゃったなぁ。
ま、体験談という事で。
posted by へたれ太郎 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月03日

あれ?これって高校の範囲だっけな?

今日は駿台で某大学模試を受けてきました。

数学で途中、証明で行き詰まっちゃってしまい
もうごり押ししかない!と考えて。

e(ネピア数)を数値に変換してしまいました。(おばか)
まぁ、数値に変換したらちゃんと証明として成り立つから一応大丈夫だと思うけど
絶対に中間点は引かれそうな予感。

…で解き終わって提出して思った事なのだけれど。

ネピア数って高校の範囲であったっけ?という事。


[e]という存在は出てくるし、極限でネピア数の存在は出てくるけど

…検索検索…。あ、良かった…出てくる。


生半可、大学で数学を覚えちゃうと、
どこからどこまでが高校範囲でどこから先が大学の範囲かわからなくなってしまう。
そこら辺、ちゃんとしておかないと記述で痛い目くらっちゃうからなぁ。


すいません、極限まだしっかりとやってません。

…と、ちょっと理系再受験生チックなお話でした。


さて、明日は復習講座です。
posted by へたれ太郎 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。