2006年10月10日

現代文8割弱行った!

奇跡…じゃなくて実力…だと思いたい。

日曜日の代ゼミセンター模試の国語
ほとんど勉強していませんでしたが
論説文と小説のみですが8割弱の成績を取りました。
まだ疑心暗鬼ですが、自信を持てました。

これをちょっと読んだらそんな感じになりました。
http://www.excite.co.jp/book/product/ASIN_4875682417/
ありがとう出口先生。

国語の問題一般における事なのですが
どうしても自分の感情や思いを含んでしまうのですが
選択肢の決定において感情をプライオリティを上に置くのではなく
「文章の中に答えが全て含まれている。」
という事を考えて、文章から答えを探せばいいのです。

また、センターという特性上必ず選択問題になりますから
1つ選ぶ問題ならそれ以外は間違った事が書いてあります。
その間違った解説を本文と照らし合わせて探していけば良いのです。

これを心掛けるだけでかなり点数上がりました。

残り外した部分は勉強不足です。


あと…古文・漢文がかなり足引っ張りました。
もう少し点数良ければ国語自体、目標ラインに突っ込めたのに
端にも棒にも引っかかっていなくて結局総合で5割位でした。
はい、古文漢文の勉強〜。


しかし代ゼミセンター模試の数II・Bで嫌だなと思うのは
プログラム問題が無いという事。

こちとら元・プログラム担当していた人間じゃぃっ!
プログラムは大切な得点源なのじゃ!それを省くとは何事じゃっ!

…という事で河合塾と代ゼミの数II・Bのセンター模試では
結構点数の違いがあります(苦笑)


…しかし、まだまだまだまだですね。
posted by へたれ太郎 at 12:19| Comment(0) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。