2006年10月31日

あの手この手の図書館利用 その2

続きです。

集中力対策はこんな所で次に図書館利用法


「参考書を音読したいけど図書館じゃ出来ない!」


黙読より音読の方が頭に入るのですが図書館でそんな事すると注意されるのは明白。最悪退去処分、グッバイ図書館。

そんな事にはなりたくないので、対策をしましょう。

音読、つまりは頭と耳と目で内容を理解する事が出来れば類似した効果は得られないでしょうか?

しかしテキストは読めない…図書館じゃ…図書館じゃ…図書館じゃ。
はい、家で読むしかありませんね。
しかし、家で読んで終わるのでは勿体無い。

それを録音しては如何でしょう?
それなら図書館で聴きながら目で追えます。しかも繰り返し聴けますよね。

自分の声を聴くのは恥ずかしいものですが、自分で喋った事は意外と覚えていたりします。
別に他人に聴かせるわけじゃないしですしね。

最近はiPodや携帯MP3プレイヤーも安価になっていますから、PCで録音してMP3なりWMAなりに圧縮を施せば、本一冊分位は余裕で入るでしょう。
(話だけなら圧縮率を高くしても問題はありませんね)

また、自分で録音しなくても実況中継系にはGoesというCDもある様なので、それもアリではないかと思います。
(実況中継の活字をCDにしたものでは無い様ですが)


とにかくは出来ない行為に振り替えられる行為を探すのです。
聞こえない位小さく読んだり…ね。


最後に図書館利用法をば…

図書館は書物の宝庫です。
子どもからお年寄りまで利用出来るありとあらゆるジャンルがあります。

勉強に大事な本も、ただ趣味として興味がある本も沢山あります。
だから休憩時間には好きな本を読むと良いと思います。

活字をしっかり読むという事は実は国語力をつける事にも遠からず影響します。



あと、図書館は自分だけではなく沢山の人がいますよね。
同じく勉強をする人、本好きな人、よくわからないおっちゃん(失礼)

誰もいない所で勉強するのと、沢山人がいる所で勉強するのとどちらが集中出来ますか?


前者という方…は自分の部屋で頑張ってもらう事にして(ごめんなさい)
後者という方…意外といるんじゃないでしょうか?

図書館や予備校の自習室、ミスド、他人がいる所の方が捗ったりしませんか?

これは心理学で「客観的自己注視状態」と言うらしく、誰かの視線を感じる様な状態を指し、一定の緊張感がある事が要因と言われてるらしいです。

これを使い近くにいる人をちょっと意識して
「ヤツは自分を見ている。寝てたら恥ずかしいなぁ」
等と(勝手に)思い込む事により幾分か緊張感を増す事が出来たりします。

…見すぎたりキョロキョロしすぎると怪しい人になるので注意しましょう(苦笑)



…今回の事をまとめるとこうです。


「参考書を読んでて眠くなる」=集中出来てない。
・ブドウ糖摂取
・場所移動や軽い運動を
・力が残っているか自問自答

「音読したいけど図書館じゃ出来ない!」=じゃぁ耳に音を!
・自宅で自分で読んで録音したものを聴く。
・CD教材も良いと思う。

「図書館利用法」
・休憩がてらに自分の好きな本を探しに行く
・周りをちょっと意識して自己暗示をかける。




…といった所でしょうか?


せっかく読んで下さったのだから、何か使える方法が一つでもあれば良いと思っています。

御意見・御感想ありましたら幸いです。



(「周りを意識〜」の方法はゆうきゆう著「ゆうき式 逆転発想勉強術」を参考にさせて頂きました。オススメです。)
posted by へたれ太郎 at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おは(*pq´・ω・)Уο!! ゚.:。+゚★(!?
図書館の利用法の続編ですねぇ…

こんなに図書館について
深く考えている人を始めて見ました(笑)

ブドウ糖は家でも活用できるので活用さしてもらいます。
あとmp3は学校の自習室では無理ですねぇ。
とにかく図書館へ行った事がないので、一回いって試してきます。
いったらまた、サイトに感想かくとします!(笑)

Posted by 紫音 at 2006年11月01日 18:18
こんにちは。書き込みありがとうございます。

勉強…という事に対し考えるならば、勉強方法だけではなく、時間の使い方、参考書の選び方等の他にも「場所の選び方」というのはあると思ってます。

だから、勉強する場所に特性があるならそれを利用しない手は無いと思いまして…

学校の自習室では確かに音読も出来ないしプレイヤーも使えませんね。
確かに限定されちゃう所もあるとは思いますが…何かないかなぁ。

僕が提唱する方法を利用するにしてもしないにしても。一度、図書館で勉強してみるのは気分転換にもなりますし、お薦め致します。
Posted by へたれ太郎 at 2006年11月02日 19:15
素早いお返事ありがとうございます。
へたれ太郎さんのその考え方すごいとおもいます。いろいろ参考になりました。
またよい記事期待してます!
あと、相互リンクしてくれませんか??
Posted by 紫音 at 2006年11月07日 01:32
紫音さんのご期待に沿える様な記事を
これからも書いていけたら良いと思います。

基本的に主観的なものなので反論はありだと思っていますので、異論がありましたら忌憚無くどうぞ。

リンク、させていただきました。
相互リンク申し込みありがとうございます。
Posted by へたれ太郎 at 2006年11月07日 13:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。