2006年11月03日

あれ?これって高校の範囲だっけな?

今日は駿台で某大学模試を受けてきました。

数学で途中、証明で行き詰まっちゃってしまい
もうごり押ししかない!と考えて。

e(ネピア数)を数値に変換してしまいました。(おばか)
まぁ、数値に変換したらちゃんと証明として成り立つから一応大丈夫だと思うけど
絶対に中間点は引かれそうな予感。

…で解き終わって提出して思った事なのだけれど。

ネピア数って高校の範囲であったっけ?という事。


[e]という存在は出てくるし、極限でネピア数の存在は出てくるけど

…検索検索…。あ、良かった…出てくる。


生半可、大学で数学を覚えちゃうと、
どこからどこまでが高校範囲でどこから先が大学の範囲かわからなくなってしまう。
そこら辺、ちゃんとしておかないと記述で痛い目くらっちゃうからなぁ。


すいません、極限まだしっかりとやってません。

…と、ちょっと理系再受験生チックなお話でした。


さて、明日は復習講座です。
posted by へたれ太郎 at 19:03| Comment(2) | TrackBack(0) | お勉強 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大学って基本的に内申無視で、点数で合否決まるじゃないですか。
でも医学部の中には欠席数とかちゃんと見る所があると聞いたことがあるんですが本当ですかね?心配症なんで。
Posted by ドラゴン at 2006年11月08日 22:42
申し訳ありませんが詳細はわかりません。

推薦の際は推薦書を書く時に響く問題だとは思いますが。大体は気にしないと思います。
まぁ、留年の危機に陥る位に危ない場合は気をつける必要があると思いますが…
少なくとも旧帝大の医学部は面接を行わない所もあり、成績に重点を置いていると思われます。

余談ですが高校の調査書で高校側が生徒を悪く書く事はありませんよ。
さらに余談ですが、医学部ではありませんが、昔の友人で高2の時いじめを理由に不登校になりながらも現役で早稲田に行っている友人もいました。
Posted by へたれ太郎 at 2006年11月09日 21:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/26710734

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。