2007年01月19日

さて、センター前夜

中学校時代の家庭教師の先生がわざわざお守りを送ってくれた。

そういえば高校受験の時もくれたな。


本当に節目にいつもありがとうございます。


明日は人生初のセンターです。
本当に緊張してます。多分前夜が一番緊張するんでしょう、僕の場合。


とにかく明日は信じてみます。自分を。

久々の日記ですが
今日は多くを語れませんね。想記するだけでいっぱいです。

では、おやすみなさい。
posted by へたれ太郎 at 23:58| Comment(39) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月29日

自信減衰と根拠の無い躍起

こんな時期に仕事をいっちょ片付けたへたれです。

音楽の仕事なのですが、今年度いっぱいは全部断っているし、自信の活動も凍結中なのですが、
どうしても断りきれない仕事が一曲あり、先々週風邪をひいて頭が働かなかったのでうまく時期を見計らって片付けました。

リテイクが来ないかどうかちょっと心配ですが…。

報酬で第三志望の赤本買います。(苦笑)



さて、先日最後のセンタープレがあったのですが…惨憺たるものでした。
8〜9割を安定的にキープしていた国語が4割まで落ちるという…流石に頭抱えちゃいました。


一晩落ち込んでましたが、翌日病院のついでに志望大学に願書を取りに行きました。

僕はネガティブに考える事があったら近所なので志望校にちょっと足を運びます。
不思議と元気が出てくるんですよね。

大学で小中学校時代の同級生で現医学部3年の友人と偶然会いました。
コイツの後輩になるのかと思うと不思議な気分です。

…なれるのか?いや、なってやる。と根拠の無い自信で躍起になってみます。

彼に昨日の模試の事を愚痴ってみました。
彼は
「俺も12月そうだったなよ。ヤバかったよ。大丈夫取り返せる」と笑いながら言いました。

そうだそうだ、プラス思考プラス思考。
そうしないと成功するものも失敗するさ

と自分に根拠の無い自信で奮わせるのでした。

彼に感謝を告げ、再会を約束し、別れました。


その後、赤本や問題集で再び点数上昇気味です。
やり直しやり直し
posted by へたれ太郎 at 19:17| Comment(0) | TrackBack(1) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月29日

後輩の悩み

大学時代の別学科の後輩が相談してきた。
生物系なんだから同じ学科の先輩に相談すればいいのに何故かわからないが彼女は僕を慕っているらしい。

そのきっかけになったのは以前飲み会で…ってまぁいいや。割愛。(やましい事はありません。)

…で、模試の帰りに会ったわけですが
就職しようか。しかし就職するには自分の希望職種だと院に進学した方が良いらしい。
それとも、周りが勧めている高校教師の道か。研究も進めていきたい。

その他に臨床心理士という違う夢を持っているとか。

夢いっぱい。でも時間いっぱい。どうすればいいでしょうか?と相談してきた。

何故に僕に相談してきたか聞いた所、人生の歩き方を参考にしたいと…

正直、親に迷惑をかけ後ろから指差されてもおかしくない今の自分の立場からして
何を参考にしろと言うのかコヤツは。



まぁ、とりあえず当たり障りない内容で答えておいた。


プライオリティーを自分の中でしっかりと決めたら自ずとやる事は決まってくるんじゃないか?

と言ったら、どうやらプライオリティーがかなり同位置にあるものがあるらしい。



…う〜ん
僕はサイフからごそごそと一枚の紙を取り出した。


僕「これ、な〜んだ?」



「第2回 国公立医学部模試受験票」





後「…はぃ!?先輩何やってるんですか!?」
僕「そういう事だよ。」
後「どういう事ですか?」

僕「僕も多分、お前さんと同じ頃に同じ様に悩んでたんだわな
  …で就職決まったけど研究も続けたいし院にも行ってみたくて…悩んでたんだ。
  だけど全然捨てちゃった。親のおかげもあるけどさ。実行可能だってわかったら、
  プライオリティーが一番上に来ちゃったのよね。」
後「へぇー…何か先輩らしいですね…」
僕「僕が言えるのはな。君と同じ様な境遇で、こういうリスキーな選択をしたって事
  僕はそんなに器用じゃないからな。マルチタスクは出来ないんだよ。
  やりたい事はたくさんあるけど、今はコレ」
後「はぁ〜…なるほどなぁ。」
僕「ってわけで生物と化学苦手何で時間あったら教えろや、コノヤロー」



…と無理矢理な個人指導をどさくさに紛れて頼んだわけですが、きっとあんまし世話にはならないでしょうな。

その他色々話し込んだ後、別れ際彼女に

僕「こんなの結構特異な話だからな。役に立たなかったろう?」
と聞いたら
後「いえ。何か生き方とか選択肢の考え方がちょっと変わった気がします。」
と言われた。





彼女が僕の様なへたれ街道を進んでくれない事を、僕は切に願うだけだ。
そして、同時に後悔無い選択をしてくれる事も願う。





勉強逃避話でした。
posted by へたれ太郎 at 21:26| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月13日

精神医学と臨床心理

このブログを見ている方で精神科医志望という方ももしかしたらいらっしゃるかもしれません。
その中で、心理学が好きで精神科医になりたいという方がいらっしゃるかもしれません。

精神科医と心理学。似ている様に見えるし、心が病んだ人と向き合うという事は同じですが。
結構違います。

僕は、理系大学卒ですが。
心理学部、法学部、音楽部等の文系授業の単位もいくつか持っています。
在学中、知識に貪欲だった事が要因して途中で国内留学をしました。

そこで、心理学の先生に携わりながら結構色んな活動にも参加してきました。

その授業中で心理学の先生が言っていた事です。

「私は以前、精神医学も学ぼうと思って。大学の医学部の研究室と一緒に
 研究していましたが、そこで学んだ事は精神医学と臨床心理学というのは
 似て非なるものだという事でした。
 私には精神医学は合わない、と思いました。」


…だそうです。

また、精神科医がカウンセリングを行うのはあまりしないらしいです。
何故かと言うと
受験指導者であり精神科医の和田秀樹も言っていましたが
精神科医が長い時間カウンセリングを行うには、コストが合わない。
とだそうです。

僕は現在とある心療内科に行っていますが、そこでも
「精神科医の先生が概ねの話を聞く。そこで症状を診て、薬を処方する。
 更に話を聞く必要があるならば、臨床心理士に回しカウンセリングを行う」
という形態をとっています。


現実的に、形態としては
精神科医=診断をし、薬を処方する
臨床心理士=カウンセリングを行う。

というのがどこもそういう現状らしいですね。


だから、人の話を聞くカウンセリングを重点的に行いたい場合は
医学部ではなく心理学部に行き、指定の大学院に行き臨床心理士の資格を取る方がよいと思います。

人に何かを言える程の知識もないし、了見も狭いですが
その中で言える事を言わせて頂きました。


しかし、某皇族も行かれてる大学の心理学部に行っている友人から聞いた小話ですが

先生「君はどうして臨床心理士になりたいんだい?」
学生「悩んでいる人を僕の力で助けたいからです。」
先生「まずは、その傲慢な態度を改めなさい。」


というお話があったそうな。
でも、「そりゃそうだよな。」…とも思いますが。
これは最もスタンダードな考えである事は否定出来ないですよね。

その回答が何故駄目なのか?ではどういう回答、どういう考えの持ち方がいいのか?
それはこのブログを見ている皆さんのご判断にお任せします。



…何か、偉そうな話になっちゃったなぁ。
ま、体験談という事で。
posted by へたれ太郎 at 22:11| Comment(0) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

模試ラッシュ中! センター出願完了

久々かも…おやすみしていてごめんなさい。

考えてみれば前からそうだけど(手帳確認中…8月からだ)
気が付けば毎週模試ラッシュになっている。平日はそれに合わせた勉強になっている。

…故にここ最近、センター模試が無かった為に国語と倫理をあまりしていなかった。
…う〜ん、要領悪くやるとどうしても穴が出来てしまいます。
イカンなぁ…

比重を決めてそれにそってまんべんなくやっていくのが理想なんでしょうが
数学なんか特に、答えを所持していない問い等は特にですが。1時間…と決めても1時間以内に終わらないもので
後々の予定が大きくずれてしまいます。


今はZ会の京大入試向けフォローアップ問題をやっていますが…
様々な類題とそれの解法を読んでますが…上手く解けない…
う〜む、わからないものが聞けない、これが非予備校生の最大のデメリットですね。

模試の事を考えるとこの問題を解くのに充てるプライオリティを下げるべきなのだろけど
〆切があるので下げられない…むぅ…


前の大学の先生に聞こうかなぁ…


さて、今週はセンター模試だ!
理科と数学を重点的に頑張ります〜。







今日、センターの出願をしてきました。

住所をカタカナで書く部分…
濁点、半濁点に一文字使わなきゃいけなかったのにやらなかった。

しかもそれに気づいたのは封をした後。
どっひゃぁ!やっちまったよ!


急いで入試センター事務局に電話


「あ、特に誤記があったなら別ですが、それぐらいなら大丈夫ですよ〜」
と優しく言われた。



ぶっちゃけ、22にして人生最初のセンターなのです。
一浪してる19のお兄ちゃんよりも経験が無いのですよ。

ドキドキの連続ですが
無事出願完了〜




(…卒業証明書いれたよな…いれたよね…ドキドキ)
posted by へたれ太郎 at 20:52| Comment(2) | TrackBack(0) | ノンカテゴライズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。