2006年10月31日

あの手この手の図書館利用 その2

続きです。

集中力対策はこんな所で次に図書館利用法


「参考書を音読したいけど図書館じゃ出来ない!」


黙読より音読の方が頭に入るのですが図書館でそんな事すると注意されるのは明白。最悪退去処分、グッバイ図書館。

そんな事にはなりたくないので、対策をしましょう。

音読、つまりは頭と耳と目で内容を理解する事が出来れば類似した効果は得られないでしょうか?

しかしテキストは読めない…図書館じゃ…図書館じゃ…図書館じゃ。
はい、家で読むしかありませんね。
しかし、家で読んで終わるのでは勿体無い。

それを録音しては如何でしょう?
それなら図書館で聴きながら目で追えます。しかも繰り返し聴けますよね。

自分の声を聴くのは恥ずかしいものですが、自分で喋った事は意外と覚えていたりします。
別に他人に聴かせるわけじゃないしですしね。

最近はiPodや携帯MP3プレイヤーも安価になっていますから、PCで録音してMP3なりWMAなりに圧縮を施せば、本一冊分位は余裕で入るでしょう。
(話だけなら圧縮率を高くしても問題はありませんね)

また、自分で録音しなくても実況中継系にはGoesというCDもある様なので、それもアリではないかと思います。
(実況中継の活字をCDにしたものでは無い様ですが)


とにかくは出来ない行為に振り替えられる行為を探すのです。
聞こえない位小さく読んだり…ね。


最後に図書館利用法をば…

図書館は書物の宝庫です。
子どもからお年寄りまで利用出来るありとあらゆるジャンルがあります。

勉強に大事な本も、ただ趣味として興味がある本も沢山あります。
だから休憩時間には好きな本を読むと良いと思います。

活字をしっかり読むという事は実は国語力をつける事にも遠からず影響します。



あと、図書館は自分だけではなく沢山の人がいますよね。
同じく勉強をする人、本好きな人、よくわからないおっちゃん(失礼)

誰もいない所で勉強するのと、沢山人がいる所で勉強するのとどちらが集中出来ますか?


前者という方…は自分の部屋で頑張ってもらう事にして(ごめんなさい)
後者という方…意外といるんじゃないでしょうか?

図書館や予備校の自習室、ミスド、他人がいる所の方が捗ったりしませんか?

これは心理学で「客観的自己注視状態」と言うらしく、誰かの視線を感じる様な状態を指し、一定の緊張感がある事が要因と言われてるらしいです。

これを使い近くにいる人をちょっと意識して
「ヤツは自分を見ている。寝てたら恥ずかしいなぁ」
等と(勝手に)思い込む事により幾分か緊張感を増す事が出来たりします。

…見すぎたりキョロキョロしすぎると怪しい人になるので注意しましょう(苦笑)



…今回の事をまとめるとこうです。


「参考書を読んでて眠くなる」=集中出来てない。
・ブドウ糖摂取
・場所移動や軽い運動を
・力が残っているか自問自答

「音読したいけど図書館じゃ出来ない!」=じゃぁ耳に音を!
・自宅で自分で読んで録音したものを聴く。
・CD教材も良いと思う。

「図書館利用法」
・休憩がてらに自分の好きな本を探しに行く
・周りをちょっと意識して自己暗示をかける。




…といった所でしょうか?


せっかく読んで下さったのだから、何か使える方法が一つでもあれば良いと思っています。

御意見・御感想ありましたら幸いです。



(「周りを意識〜」の方法はゆうきゆう著「ゆうき式 逆転発想勉強術」を参考にさせて頂きました。オススメです。)
posted by へたれ太郎 at 18:17| Comment(4) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

あの手この手の図書館利用 その1

またドラゴンさんから御質問を頂きましたので、自分なりに答えさせて頂きます。

「図書館は集中出来るが、実況中継等の参考書を黙読していたら眠くなる
 だから音読をしたいけど図書館では無理。どうすればいいだろう?図書館利用テクニックはないか?」


…という事ですね。

この質問はいくつかの回答が出来ると思います。


まずはここから。

「参考書を読んでたら眠くなる」

この質問に対し、こう言う人はいるんじゃないでしょうか?

「…ヤル気ある?」

いや、ありますとも。あるに決まってるじゃない!無かったらこんな所読んでねぇよ!…と言うツッコミをしたくなります。
(ヤル気が「出ない」のとヤル気が「無い」のは大違いですよ。)

でもヤル気はあっても、眠くなっちゃうというのは理由はどうあれ
「集中出来ていない」
という状態ですね。

体が疲れているのかもしれないし、頭が疲れちゃっているのかも。
あれ?頭に全然入ってない読み直さなきゃ。あぁ〜、本を読みたいのに上瞼と下瞼が仲良しこよし…

…ZZZzzz......


何て経験もあるかと思います。

集中させる為の手段として…

その1 ブドウ糖の摂取

ブドウ糖は人間の血液中にも含まれる大事な糖分。体内に取り込まれるのが早く、エネルギー摂取には最適です。

また、1g辺りはのカロリーは3kcalぐらいなのでダイエット中の人にも安心です。

「集中力がなくなった」と感じたら、食べれば良いです。

ブドウ糖はスーパーや食品を扱ってる100均等、意外とどこでも売ってますよ。

(摂取しすぎに注意。1日の摂取目安量は30g〜50gだそうです。)


その2 場所移動

あ〜…眠い、集中出来ない。
と思ったら環境を変化させては如何でしょうか?
つまりは「場所移動」です。

1階から2階へ、自室から居間へ、あの机からこの机へ、教室から外へ、図書館から電車へ(意外と集中出来る)

周りをちょっと変えてみる事はマンネリ化したものを打ち砕いてくれる良い材料になります。
また、ちょっとした運動も良いですね。


その3 力が残ってるか自問自答

いくらブドウ糖摂取したり場所を変えても
しっかりと休まないと集中力が回復しない様な状態ではこれらの対策の意味は皆無です。

まずは自分の心身の力が勉強を続けられるだけ残っているかを自問自答しましょう。

ちょっと不足してると思うならしっかり休憩しましょう。
ダラダラと1時間勉強するのと休憩30分入れて、しっかり30分やるのとでは雲泥の差で後者の方が効率的です。

全く力が残っていないなら、その日はスパッと止めちゃいましょう。
休む事も勉強をする為の一つの大事な対策です。
仕事で言うなら、休憩も仕事の一つ。といった所です。


長くなったので続きは次のブログにて。
posted by へたれ太郎 at 18:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 勉強方法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。